切っても切ってもかまぼこ

ゆとり自営業者の徒然

エスエスブロンを飲んでODした結果




 

 エスエスブロン

 

ED気味になり、意気消沈のかまぼこです。

 

暇な無職は刺激や孤独の解消を求め、ドラッグでオーバードーズしてしまいます。遊びざるを得ません。ラリった人間の姿は悲惨です。

 

「NHKにようこそ」には無職の佐藤達広がハーブを吸うシーンがあります。ですが意外と合法ハーブは後遺症の危険があります。当然、違法薬は捕まりますし。そこで市販薬で簡単にトリップしたい時に使うのが「エスエスブロン

 

ただの咳止め薬なのですが、大量に飲むことでアッパーとダウナーをキメられる強力なお薬。邪魔な成分が少なく使いやすいので依存性も高いですね。パブロン(通称:金ブロ)も似たような感じです。

 

いくつか薬局を見てもらうと分かりますが、ブロンだけ現物が置いてなかったりします。常用者は一度に一瓶(84錠)飲み干したりするので、買い占めを止めるためでしょう。ネット通販でも同時に大量購入はできず少しずつ買うのが普通です。

 

依存症のブログとかも時々見かけるので、安全な薬とは言い難いですね。ブロン自体はいくつか種類があり、エースは無駄な成分が入っているので、エスエスブロン錠・エスエスブロン液L新ブロン液エースだけが効果的です。パーティーの冷蔵庫にはエスエスブロン液が大量に冷やしてあったり。。。

 

成分表を見てもらえば分かるのですが、

 

  • dl-メチルエフェドリン塩酸塩がアッパー
  • ジヒドロコデインリン塩酸がダウナー
  • クロルフェニラミンマレイン酸塩は関係なく邪魔
  • 無水カフェインはアッパーですが、純度を下げるので無用

 

いわば覚醒剤と麻薬を混ぜて弱体化させた感じです。

前置きはさておき、簡単に遊べると興味を持った私はブロンを使用してみました。

 

 

最初は慎重にいかないといけないので、グイッと飲んでしまう液状じゃなく、錠剤で数錠ずつ飲んでいきます。耐性がつきやすい薬なので、慣れるまでは20錠から10錠ずつ上げていかないといけません。

 

Amazonからブロンが届いた私はウキウキしながらまずは10錠飲んでみました。しかしあまり効果を感じなかったので、大したことねぇなと思いグビグビ飲んでいきます。好きな映画を見ながらおつまみと共にしてたので、ペースは止まりません。

 

ゆったりしてたせいか体感ではダウナー気味でした。ふわふわした気分になり、「ああ、確かにこれは薬じゃないと味わえないだろうな」と。クラシックを聴くとアルコールとはまた違ったグワンフワンする不思議な感じ。

 

2,3錠ずつ、メモに残して飲んでいたのに、 錠数が違うなぁと気づいた頃には1瓶飲み干してました。ここでNGですが初回に1瓶は重すぎるので、数十錠の適量に使えばキマります。ビギナーには重すぎたようで、気がつけば意識を失うように二日ほど就寝。

 

 

真夜中に目が覚め、ひどい頭痛と思考の変調を感じ、自分の中に抑圧された無意識が噴き出ていきました。抱えていたトラウマがフラッシュバックしたり、今までに感じたことのない強い意識の混同が。頭の中に「死にたい死にたい死にたい死にたい」と言葉が駆け巡り、腕を切ればこの鬱々とした泥濘が抜けるんだと思ってカッターを握ってました。

 

今までリスカなどしたことのない私はひどく恐怖を感じ、眠剤を搔き込むようにして飲み布団に包まりました。ああなんて怖い夢なんだろう。自分が自分でないのに本当の自分に気づいた気がして分からないのだ。

 

 

それから数週間ひどい頭痛が続き、ここで初めて自分が「ODをしたんだ」ということに気がつきました。運が悪いと後遺症も起こりかねません。軽いはずみで始めたつもりが抑え切れなかったわけです。元々精神的によくないものがさらに不安定になりました。

 

…以上が私の体験談でございます。間違えても初めての人は全錠一気に飲むのはやめましょう!

本当の幸せはお薬では得られません。もうやりたくない!と思っても、たまに遊んじゃうけどね(テヘペロ)

 

それでも試してみたいと思った方は下記リンクから買ってみるといいでしょう。近いうちに規制される可能性もあります。Amazonはブロナーに優しいですよ。遊びはほどほどにね。

 

 

 

追記

 

噂のパブロン液と新トニン液、新ブロン液エースも試してみました。

 

パブロンはエフェコデですが、ブロンほどの強度は感じなかったです。トニン液はコデイン単体なのでふわふわとする感覚だけで特に重い副作用も感じなく嗜む程度には向いて素晴らしい効果でした。

 

 

 

液状のブロンですが一気飲みしてみたところ最初はブロンの効果が出ましたが、あとは気分も良くなく微妙な結果でした。その日の体調等で効き目も変わってくると思います。最近は安価の咳止めシロップも出ているそうなので、薬局で成分見ながら買ってみると良いでしょう。

 

 

合わせて読みたい