切っても切ってもかまぼこ

ゆとり自営業者の徒然

コンサータとストラテラをADHD/ASDが服薬した感想




 

僕は現在コンサータ54mg(72mg)、その他処方薬を服用しています。

 

過去にはストラテラを最大120mgまで服用したことがあり、両方飲んでた時期も経験済みです。

 

おそらくコンサータ・ストラテラを飲んでみたらどういう効果が出るのかということに興味がある人が多いと思うので今日はさらっとそんな話をしていきます。

 

 

コンサータ

 

f:id:kamaboko55:20180919002347j:plain

 

概要

コンサータ(メチルフェニデート)

 

今は禁止されたリタリンの徐放剤版です。覚醒剤であるアンフェタミンとは違って徐々に成分が出るため依存を成形しにくく長時間使える代物です。

「コンサータ登録販売流通管理委員会」という機関が厳重に管理しているので処方できる病院も限られてます。ゆえに普通の精神科ではあまり取り扱ってなく、発達障害専門の医者で予約して診察しないと貰えなかったりします。

 

意欲向上

とにかく飲み始めから感じたのはシャキッとする感覚。ストラテラと違って徐々に血中濃度を上げる薬ではないのですぐに効果を感じました。変化として大きかったのは対人関係への積極性です。人と会うのが苦手でしたが外出の機会も増え、物事への意気が上がりました。

 

眠気が減る

まず感じたのは慢性的な眠気のような怠さが減ったことです。発達障害にありがちなドーパミン・ノルアドレナリン等のモノアミン系不足が一気に解消されます。とくに普段困っていた人ほど効果を感じやすいでしょう。 

 

 

ストラテラ

f:id:kamaboko55:20180919002421j:plain

 

概要

コンサータと併せて飲まれることが多いストラテラ(アトモキセチン)ですが、大体年齢や慣れるまでの期間を考慮して5〜120mgが適正処方量です。ノルアドレナリン再取り込み阻害薬でコンサータに比べると脳の一部分にしか効かない非刺激薬となります。

 

脳が静かになる

40mg錠しか処方できなかっため最初は1錠から始まりました。効果が出るまで2週間ほどかかると言われてますが、自分の場合即座に発揮した気がします。とにかくざわざわとしていた雑音のような思考がぴたっと止まり脳がスッキリした感覚を覚えてます。なんてこんなにも世界は静かだったのかと。

 

 

飲み方のコツ

 

コンサータは最初は胃痛を感じていたので朝起きて布団の横に置いたバナナを食べてから飲むという形でした。なるべく食事を摂ったあとのほうが効きも安全な気がします。

 

よく聞く点で効き目を強くするため休薬日を作るべきかということですが、どちらかといえば減薬日の方がいいと思います。必要性を感じない日に半分や3/4に減らして血中濃度はある程度保っていた方がいいでしょう。

 

連続使用は基本NGで使用量は守ること。効く時間が短いと感じたら朝少し抜いたりして昼などに分割し飲むといいでしょう。時にはカフェインで調節するのも有りです。

 

他にもASDなど効きにくい人におすすめの薬はサインバルタやエビリファイです。ノルアドレナリンやドパミンの量を調節してくれるので助かります。

 

 

 副作用

 

コンサータ 

 

飲み始め

即効性が強く副作用は比較的出にくいと言われてますが、僕の場合18→36→54→72mgと週をおいてゆっくり増やしても副作用でふらつきが強くだいぶ辛かった記憶があります。月単位で使用していくうちに副作用が気にならなくなり慣れました。

 

先延ばし癖は治らない

一番期待していたはずの後回しにしてしまう癖の変化ですが、根本の部分はやはり薬では改善できませんでした。物事への一直線な集中力は増えたものの多動で湧いていた創作意欲が減ったと思います。

 

 

ストラテラ

 

最初は良かったものの、吐き気やしまいにはEDなどひどい結果でした。脳が静かになりすぎてむしろ思考がストップしてしまい何も考える気力が起きずまるで機械のようにな気分に。とくにコンサータとほぼ同時に試したのがよくなかったためどちらの効果・副作用なのか分からず苦労したのでどちらかが慣れるまで様子を見た方が無難だと思います。

 

 

共通した注意点

 

 

まず健常者が飲むべき薬でないということです。最近はスマドラなど流行ったせいで安易に試したがったり、医者によっては発達障害でないのに処方する病院もあります。

合わない人が飲んでも結局は副作用に苦しむだけでロクなことはありません。よくないと感じたら服用・減薬するのは早めにしましょう。

 

あと、これらの薬は決して抗うつ剤とは言いきれません。抑うつ・うつ病のために処方するのは本来間違っています。あくまでも生活の改善でしかなく大きな期待はしない方がいいと思います。

 

酒・タバコはあまりいい影響がなく、ましてやODなどは最悪です。一度飲む量を間違えた時は最悪でした。記憶が飛んだり、徐放剤ゆえに長時間の地獄が続いていつまでも収まりません。間違えても噛み砕くなどの行為は無駄なのでやめるべきです。まだまだ不明点も多い薬ですし一度使うと抜け出せなくなる可能性もあるので慎重に服薬しましょう。

 

 

最後に 

 

以前は個人輸入できたストラテラのジェネリック “アクセプタ”も輸入が規制されました。発達障害でも人により合うあわないがあり、必ず飲まなければいけないわけでもありません。 あと医者の言うことはきっちり守るべきです。長期使用による効果の定着などの論文もありますが、まだまだ不明な点が多い薬です。あくまで補助薬でしかなく、開発されて数十年ほどの薬ですしインチュニブも出たりしてるので今後の新薬に期待しよう。 *1

 

 

合わせて読みたい

 

*1:あくまで個人の体験であり、全般的な効果を謳った感想ではありません