切っても切ってもかまぼこ

ゆとり世代自営業者の徒然

ニートの定義とは?意味合いを考えてみる




 

ニート 人数

 

先週の放送に続き、ザ・ノンフィクションを見ていた。

 

ニート的な方々の生活を写した特集。

そんな中、ふと疑問が浮かぶ…。

 

ニートの定義って何だろう?

  

 

ニートって?

 

>十五歳から三十四歳までの、家事・通学・就業をせず、職業訓練も受けていない者。NEETnot in education, employment or training の略。イギリスで言い出し、二〇〇四年ごろから日本にも広まる。 -Wikipediaより引用-

 

学説的にはこう。

 

こうあてはめてしまうと不登校の中学生や、中年の無職はニートでなくなってしまうし、スネップなんてあまり使われてない。

 

クソまじめに定義をハメ込む人もいないだろう。

 

 

ニートということばの使われかた

 

はてな村に産まれ落ちて1ヶ月弱が過ぎたが、色んなブログを掘れば掘るほど無職・ニートが出てくる。こんなにもニートがいることにニート自身驚くものだ。

 

むしろ無職にならないとはてなブログやらないのかと思うくらいニートがわんさかいる。まさに暇と所属欲求の為せる業だろう。

 

 

ここでニートと自称する人たちの特徴をみると以下のようだった。

 

  • フリーランスや兼業している人
  • 定職についてなくても何らかの形で稼いでる
  • 社会人や学生が休日にだらけてる時「まじニートだわー」というやつ
  • フリーターというのが恥ずかしくニートを自称する
  • 本当にただの無職のニート(置かれている状況も人それぞれ)
  • ニートといいたいだけの人

 

従来のニートの意味合いとはまったくかけ離れている。無職の当事者としては困惑気味である…。

 

 

ファッションニート多すぎ問題

 

私自身ニートという言葉にアイデンティティを持ってるわけではないが、多用されるとどうにも腑に落ちない感覚になる。

 

近頃、ファッション〇〇〜というのが増えており、言葉面だけを乗っ取ろうとした結果、このような現象が生まれたのだろう。

 

では無職でないのになぜニートという言葉を使うのか?

それは一種の魔法じみた魅力と使い勝手の良さがあるからだ。

 

 

ニートの意味合い

 

よく使われるパターンとして「ニートのくせに」という言葉があるが、接尾の“くせに”というところに自虐とと嘲笑のようなものが含まれている。

 

現代社会において“働いてない人”というのは嘲弄の対象になり、社会風刺的に用いられる。

 

そこに見え透いた寸法で諧謔的に使われる。つまり、ニートという言葉をポジティブに捉え自己正当化しようという流れであろう。

 
ニート=無職のはずが、
ニート=だらける人という意味に近づいているのだ。
 
 

現代における肩書き

 
似た話だと一時期、メディアクリエイターやプロブロガーが流行り、物議を醸した。
 
そもそも名乗るだけでなれるものに意味はないのだが、、、
 
メディアクリエイター!!!!  
 
ーーなんかすごいことしそう!!!
 
今日から私はプロブロガーだ!!!!! 
 
ーーひぇぇぇープロ意識高くてすごそ〜!!!
 
  
と、いう感じで、本質が見抜けない人ほど肩書きに騙されてしまうのだ…。
 
実績がなくても使えるので、字面の威力で勘違いしてしまう。
 
ニートも同じく、自称できる肩書きには価値はないのでは?
 
 

言葉の乱用

 
フリーランスやネットで稼ぐ人が増え、職業に曖昧さが出てきた。ニートの意味合いが抽象的になっていくことで、自己申告制という相反が生まれたのだ。
 
正確にはフリーランスもニートでなく、金を稼いでる人は範疇外だ。フリーターは働いているし、社会的規範の中で生きる人間はニートではない。
 
 
しかし実際にそこまで考え使っている人はいない。気分次第で使える言葉に深い意味はないだろう。既に2000年初頭のニート像は崩壊したのだ。
 
時代によって言葉の意味合いは変わるので、こだわっても仕方ないのかもしれない。
 
 

まとめると

 
ニートとは状態だということ。ダラけていれば勝手に名乗れます!!
 
辞書的な意味合いから、抽象的な言葉へと変化していきました。時代が変わり状況が変化するなら、好き放題使ってもいいのではないでしょうか。1億総ニートみたいな感じで。
  
ニートが普遍的になれば、今度は〜系ニートということばが生まれるかもね。
無職系ニート、とか。
 
 
おわり☆
 

あわせて読みたい 

phaさんの著書についての記事