切っても切ってもかまぼこ

ゆとり世代の無職。主に雑記

2日で取れる!漢検2級の受かり方と勉強法

   

以前、漢検2級をCBT(PC受験)で受けました。

 

 

f:id:kamaboko55:20170817132805j:plain

 
 
趣味程度のつもりの取得だったのでまったく準備をしておらず、前日に慌てての勉強。
 
トータルで数時間しか勉強してないですが合格しました。そこから踏まえて、手っ取り早く受かる方法を伝授していきたいと思います。
 

用意するもの

 

  • 受験費用(3500円)
  • 筆記用具
  • テキスト
  • あると便利なのは電子辞書
  • 最後までねばる心
 
テキストは特にこだわる必要はないけどおすすめはこれ
 
赤チェックシート付 漢字検定2級[頻出度順]問題集

赤チェックシート付 漢字検定2級[頻出度順]問題集

 

 

他でも多く紹介されてるテキストです。頻出順なのでやれば一気に点数が上がります。やばい。使いやすい。
 
漢検といったら漢字学習ステップという黄色い表紙のかわいい動物が写っている本が有名だけど、あれは五十音順で載っているのですべて勉強することを除けば効率が悪いです。
 
 

漢検2級のシステム

 
まずは前提知識として漢検2級がどういうものか知る必要があります。
 
得点としては200点満点の試験で8割の160点で合格・・・となってますが、実際のところその時々の難易度によって合格点が変わり、155点くらいが平均となるようです(上の画像の試験でも155点)
 
ですので余裕を持って170点くらいを取るのを目安にすればいいでしょう。漢検2級から合格率は一気に下がるので気を引き締めないといけません。
 
 
問題形式として
 
1. 読み (1×30)30点
2. 熟語の構成( 2×10)20点
3. 部首(1×10)20点
4. 四字熟語  <1> 書き取り(2×10)20点 <2> 意味(2×5)10点
5. 対義語・類義語(2×10)20点
6. 同音・同訓異字(2×10)20点
7. 誤字訂正(2×5)10点
8. 漢字と送り仮名(2×5)10点
9. 書き取り(2×25)50点
 
この中から逆算して何点落として大丈夫か考えましょう。別に合格するだけなら満点を取る必要はないです。
 
読みと部首は配点が1点ですが、だからと言って基本的に落とす設問ではないのでここで減点しないように。
 
落とすと他の設問で負担が出ます。塵積もです。(部首で落としちゃったけどね。てへぺろ)
 
 

まずは過去問を解く

 

 
問題形式の感覚を得るために、まずは過去問を解いてみて何点取れるかを調べる
 
読むことができても書くことができない字が多いことに気づくはず。点が取れなくても大丈夫です。最初は僕も80点くらいだったので。
 
やってみてどれくらい点が取れるか分かるし、くやしくなってモチベーションも上がります。そっから勉強し始めると先が見えやすくなると思います。
 
たぶん四字熟語、対義語・類義語、書き取り、あたりで点を多く落としていると思うのでそこを重点的にやっていきましょう。
 
 

主な勉強法

 
テキストを使い、時間の許す限りまずはゆるく一周を目指して勉強。頻出順のテキストであれば、一周しなくても受かるとは思います。
 
なぜゆるくやるかといえば、いざ進めていくと計画した段階で見えてこないものが出てきてスケジュールに狂いが出てくるからです。2日で受かるとはいえ余裕ぶっこいていると時間が足りなくなるので。
 
合間に定期的に過去問を解いてどこで自分が点を落としているか確認し、そこを重点的に補強するように勉強していくといいです。合格点以上取れれば安心感も出ます。
 
テキストは別に文字を書いたりとかしなくてもいいので、眺めるくらいでちょうどいいでしょう。疲れたらスマホの漢検の問題アプリでピコピコ問題解くだけでも点数は上がりますよ。
 
 

受ける上でのポイント・注意点

 
  • 漢字は分解して覚える。そうすると難しい漢字でもするする頭に入ります。
  • 2級の範囲は常用漢字全てなので下の級も含まれます。4級以上はよくても、3級・準2級は知識が抜けている部分があるので注意した方がいいです。
  • CBTに関しては説明が少なく不親切な所が多いです。読みや、記号選択の問題はキーボードでの入力。それ以外はタブレットでの書き取りです。キーボードで打つ問題はtabキーで次の問題に移れるので覚えておくと楽だと思います。
  • CBTで受験する場合、先の予約が取りづらいこともあるので早めに予約しておくこと。早くて1週間先なはず。
 
というところです。
 
当日のルートと時間と場所はしっかり確認しておくこと。
 
僕みたいに行く電車の途中で携帯の電源が切れてしまい、試験会場が分からなくなるハプニングもあるのでご注意を。
 
 

まとめ

 
2日で受かるとは書きましたが、何事も余裕が大切!面倒でもとりあえず早めに着手しましょう!
  
漢検なんて受けてもクソの役にも立たないとか言われますが、今回勉強して感じたのは文字を書く上で想像力の役にたつということです。
 
現代ではPC入力などで漢字を覚える必要性が減ったけど、文章をPCで書くとき漢字が分かると変換がうまくできます。文章構成にもいい影響があるかもしれないです。
 
こういう資格の勉強法は、普通に勉強するときや他の資格を受けたりする上でも応用できるので役に立つでしょう。
 
こういう時代だからこそ漢字が分かると差がつけられるかも。とってみるのも悪くないです。