切っても切ってもかまぼこ

ゆとり世代の無職。主に雑記

2日で受かる!原付免許の取り方と勉強法

 

前回の漢検2級に続き、2日で受かる資格講座です。何年か前に取りました。

 

生活を送る上で免許証がないと不便。マイナンバーができたことで多少の代わりにはなりますが、使えないこともしばしば。パスポートも持ち歩くにはデカすぎます。

 

自動車免許だと時間と金が掛かりますし、早い歳から少額と1日の時間で取れるのは楽です。もちろん原付に乗るという目的にも当然。

 

うんこみたいに簡単な試験(油断すると落ちるけど 笑)なのでとっとと取得しよう。

 

 

取得基準・必要なもの

 

取得資格

 

  • 16歳以上
  • 色彩、聴力、視力(矯正器具可)の検査
  • 免停中でない

 

年齢を満たして普通に生活できてれば問題ありません。

 

 

必要なもの 

 

・平日の半日ほどの時間(多くの試験場は祝日、年末年始除いた平日のみで、8:30〜14:00ほど、午後の部だと夕方4時くらいまでの時間が必要)

 

・<お金>

 

受験料 1500円(落ちると+1500円)

交付料 2050円(追加はなし)

講習料 4200円(合格後の技能講習で必要)

住民票の写し 300円(本籍) (免許証で代替可)

参考書 (1000円ほど おすすめは後述)

証明写真(免許証用のサイズ)

交通費(各自)

【計 8050円】+α =10000円あれば足りる

 

 

・印鑑(シャチハタOK)

・筆記用具

・身分証(新規の人は保険証、学生証、パスポートなど住民票と別に必要)

・受験票、申請書(試験会場に置いてあるので大丈夫)

・服装は長ズボンと靴(サンダル、ハイヒールは不可)<ヘルメット、グローブ、長袖は必要ないと思われる>

 

 

およそ1日の流れ 

 

  1. (朝)適性検査、学科試験の受付に間に合うよう各都道府県指定の試験会場へ向かう。(写真も取るから身だしなみはチェック)
  2. (8:30〜)着いたら申請書を出し、受付を済ませる。
  3. (8:45〜)適性検査を受ける(並んで受けるだけで終了。基本は落ちることはない
  4. (9:30〜 途中退室可)学科試験を受ける
  5. (10:30〜)掲示板で合格番号を見る。(3,4割は落ちる?笑。別種免許を同時に取る時に午後も受けるだけであって、午後にもう一度受け直すことはできない)
  6. (10:50〜)合格者が集い、技能講習を受ける。教官の元で試乗して、一通り原付の乗り方を学ぶ(もちろん講習は合否はないので問題ない)
  7. (12:10〜)部屋に戻り交通のお話を受け、ビデオを見る
  8. 〜13:10)免許証を受け取り終了。

 

試験内容

 

正誤の2択問題(制限時間30分マークシート方式

 

全48問 文章問題46問(×1)46点

    イラスト2問(3箇所完答で2点)4点

 

計50点満点。9割の45点で合格。

 

交通ルールなどについて問われます。

 

 

勉強法

 

色々見比べた結果、分かりやすかった参考書はやっぱこれ ↓

 

1回でうかる! 原付免許ポイント攻略問題集 (NAGAOKA運転免許シリーズ)

1回でうかる! 原付免許ポイント攻略問題集 (NAGAOKA運転免許シリーズ)

 

 

オールカラーの図やシートで隠せる解説、各章ごとの振り返り問題、一問一答、模試などオールラウンドに揃えているので、これ一冊があれば受かります。まずはこれをさらーっと1周読み通す。そんなに時間はかからないと思う。

 

最初の時点で点数が取れないのは当たり前なのでどんどん間違えていき、詰めの甘いところを見直していく。2択だからと当て感でやっても得点できないのでしっかり問題の意味を覚えよう。

 

5点しか落とせないので割とシビアであり、特にイラスト問題は1つでも落とすとかなり痛手になります。ひっかけ問題も多いので気をつけること(それもいやらしく程度が違いとかで攻めてくる)道路標示や標識の図も問われることがあるので頭に入れておく。

 

時間が余ればスマホのアプリなどでちまちまやってれば問題のパターンが分かってきて完成度が上がります。

 

裏校という当日に対策をしてくれる場所もあるけど、行かなくてもしっかり勉強すれば受かるので金の無駄です。

 

 

さいごに

 

以上のように要点さえ抑えればイージーな試験だと思います。

 

免許を持つだけでもいいですが、せっかくなので原付にも乗ってみましょう。行動範囲が広がって楽しいです。実技講習だけだと乗り慣れない部分もあるので、安全な場所でまずはゆっくりと。交通にはお気をつけて。*1

 

*1:都道府県ごとに違いはあるのでホームページ等で確認してください