切っても切ってもかまぼこ

ゆとり世代の無職。主に雑記

カスタムURLを設定したら『Fetch as Google』を使おう

 

カスタムURL利用してますか?こどちんさん(id:mowan)のカスタムURLの記事を見て、自分も検索が減ったことがあったなぁと。SEOやURLの判別とかで使いますが、古いリンクが切れます。

 

僕のときは、古い方に集まったまま(/entry/日付のページ)で新しい方にアクセスが来ませんでした。せっかく検索から来てくれたのに404 Not foundでは悲しい。

 

 

f:id:kamaboko55:20170823145704p:plain

 【初期の頃に撮っておいたスクショ】

 

 

新しいリンクの方を早くGoogleに認知させるためには『Fetch as google』という機能を使います。手順としてはそこまで難しくはありません。

 

カスタムURLについては甘夏さんの記事を見て設定しました。分かりやすかったので参考にしてください。

 

 

 

Fetch as googleの使い方

 

『Fetch as Google』は、Search Consoleの機能のひとつです。

 

検索エンジンは定期的にクロール(巡回)してサイトの情報を更新してます。しかし発見してもらうのに時間が掛かるため、自分から気付かせるために申請する機能です。

 

ますは開く

 

Search Console」を開き、ログインします。ブロガーならお世話になっている人も多いでしょう。

 

ダッシュボードのクロールの欄の『Fetch as Google』をクリック。

 

 

f:id:kamaboko55:20170823153247p:plain

 

URLのインデックス

 

するとこんな感じのページが出るので、赤枠のところにクロールしたい記事のURL(entry以降)を貼り付け、取得ボタンを押します。レンダリングの必要はなく、対象のデバイスはPCのままでOKです。

 

f:id:kamaboko55:20170823160331p:plain

 

インデックス登録のリクエスト

 

取得で終わりと思われがちですが、インデックスの登録も必要です。下の方に取得したURLのパスが出るので、横の「インデックス登録をリクエスト」をクリック。 

 

f:id:kamaboko55:20170823161908p:plain

 

下の画面が表示されるので人間の証明にチェックを入れ、「この URL のみをクロールする」を選び送信。

 

f:id:kamaboko55:20170908125710p:plain

 

直接リンクはその記事の内部リンクも含めてインデックスするものですが、通常は選択する必要はないです(直接リンク込みは月に10件までしかできない)

 

完了の確認

 

送信し終わると「インデックス登録をリクエスト済み」の表示が出ますので、これで完了です。月に送れる上限は500件までなので、記事数が多い人は気をつけてください。

 

f:id:kamaboko55:20170823173334p:plain

 

さいごに

 

これで数ヶ月以内にはGoogle botが巡回して、新しい情報が認識されます。

 

カスタムURL自体そこまでSEO効果はないので、リンクを変えてまで無理に利用する必要はないでしょう。

 

他にも記事の大幅な手直しや、移行するときは効果があります。始めたばかりのサイト(最初の100記事くらい?)の登録もいいかもしれません。

 

それでは。