切っても切ってもかまぼこ

ゆとり世代の無職。主に雑記

9割の人はなぜブログをやめてしまうのか?〜ブログが続かない理由

 

 

なぜブログを書くのか? 

 

よくこの手の話が議題としてあがる。

 

しばらくブログの更新をせず、Twitterとも距離を置いていたのだが、その間ブログを書く理由を考えていた。

 

ごちゃごちゃしてきたので、とりあえず書き記していく。

 

 

よくあるやめる理由だが

 

  • ブログネタがない
  • 書く時間がない(ブログを優先できない)
  • 文章を書くのが、面倒、嫌になった
  • モチベーションが続かない(アクセスがない、反応が薄い、稼げない)
  • 炎上、いざこざでメンタルがやられる

 

こんなとこだろう。

 

ブログを書く作業は意外と難しい。上部のあたりは工夫すればどうにかなるが、予想外の反応は辛いものだ。

 

先日も、学生ブロガーがバイトの件で炎上しブログを辞める騒動があったが、せっかくあれだけ書いていたのに、簡単にブログを辞めてしまう。

 

ハリボテのブランディングでは長続きしないし、彼自身無理をしていたのかもしれない。

 

ブログでオピニオンを書くということは、自分の意見を突き通す気概がないとやっていけないだろう。

 

 

何のためにブログを書くの ?

 

そもそも論だが、何のためにとか考えてる時点でブログは続かない。

 

金も承認も思うように満たされないことの方が多いのに、目的を設定してしまうのは心をへし折るには十分である。

 

たまにブログを始めたばかりの人でプロブロガー目指します!という人を見かけるが、電波で洗脳でもされてるのか?と思う(冗談で言ってなさそうなのが恐ろしい)

 

ブログ自体誰に強いられるわけでないから、辞めるハードルだって低いはずだ。

 

 

疑問に思う時点でブログを楽しめてないし、続く人はなんだかんだブログが楽しいから書く。

 

その結果、実績というものがついてくるのだ。理由を考える時点で停滞期であろう。

 

 

なぜブログを更新しなくなったのか

 

ここからは個人的な話を書いていく。ただ個人的な話を書いていく。

 

書かなくなった1番の理由は、自分自身にハードルが上がり自己嫌悪に陥ってしまったからだ。

 

決して書く時間がなかったわけではないし、ブログネタも十分ある。ただ書かなくなったというより、書けなくなってしまった。

 

 

 ブログって難しい

 

ブログを始めた当初はもっと適当に書こうと思っていたが、他ブログを見るほど自分の記事が稚拙に思えてしまい、何記事も消してしまった。

 

どうでもいいことならいくらでも量産できる自信はあるが、自分自身がつまらない記事がどういうものかと理解してしまったがために、ハードルが上がり許せなくなってしまったのだ。

 

自分の一挙一動が見られているような気がしてしまい、これでいいのかと疑念が止まらなくなる。

 

そうして記事を書かなくなるうちに、余計に注目が集まるような気がしてしまいさらに質の悪い記事が書けなくなるというループが生じてしまうのだ(もっともそこまで注目されているわけでもないのですが)

  

 

そもそも何を書けばいいのか分からない

 

ブログを書いていると様々な悩みに直面するのだが、そもそも相談し合える場所がない。Twitterでは衆目の目に触れすぎて言いづらいし、仰々しくブログ相談に乗ってもらうのもハードルが高い。一種の気軽さがないのだろう。文章を書くというのは孤独な作業であるしそもそも正解がない。およそアクセスを集めるのは少数の記事であり、金脈を当てるには書き続けるしかないのだ。駄作を書けば自己嫌悪に陥るし、自分の中の客観的指標に能力が追いついていると思えなくて自分で自分を許せなかった。ブログを書き続けることでどこまで改善していけるのかもよく分からなく手が止まってしまった。版本のように事前に確認してくれる人がいればいいのだが、常々不安と戦いながらアップロードしなければいけないのだ。

 

 

ブログに費やす時間

 

当たり前だが、皆誰しもリアルの生活がある。ブログで生計を立てているならまだしも、趣味でやるブログなど優先度が低くなるはずだ。自分が力作と思い書いたものに限って評価が悪かったりするので、やる気が削がれてしまう。一記事だって長ければ6,7時間ほどかかることだってあるし、途中でなんか違うなぁと思ってボツにすることだってある。社会人であればプライベートな時間を合間縫って書かないといけないし、無職だって時間がある分、のめり込みすぎてしまいドライさが保てないだろう。娯楽として他ブログやTwitterを読むのは面白いが、正直知識としては本に劣るし、そこまで時間を費やすメリットがあるか疑問を感じてしまう。人生というものは長く、プライベートを犠牲にしてまでネットに時間を注ぐ価値があるのだろうか?ブログ以外にもっとやれることがあるんじゃないかと冷静さがよぎってしまう。

 

 

Twitterとの付き合い方

 

ブロガーであれば、Twitterを使っている人は多いだろう。ブログを続けていく上で、他ブロガーとの交流も大事になってくる。モチベーションしかり、情報しかり、発信としてもだ。距離が近くなればなるほど相手との心理的距離も近くなるものだが、それ故に危険性を帯びている。気軽だからこそ慎重さが必要になるし、どうリプを返すか考えるだけで疲れてバタンキュー。ブログと違って書き直しできないのがTwitterの難しい所だ。基本的に何でもつぶやけると思いきや、衆目の目に触れるのでヘイトや独り言をつぶやくのも案外できない。タイムラインに撒かれる情報はリムやミュートだけでは濾過しきれないので、どうしても不快な情報はせきとめられない。いまだに交流のしかたはよく分からないし(特に初対面)、文字のコミュニケーションだと伝わらない部分がどうしても出てくるのも辛い。それに、ブログを更新しないとなんでこんなとこで暇つぶしてんだと思われそうなのは考えすぎか?

 

 

 個人を出さずにブログを書くのは難しい

 

客観的なオピニオンならいざ知らずだが、おおかたそれだけをメインにやっていくのは難しい。そうなると自分の知識を使って情報を語っていくのだが、どうしても自分の経験や主観的感想などが多くなる。匿名のブロガーであればあまり個人情報は出したくないし、知人にバレたなんて日には死を覚悟するだろう。ブログにおいてオリジナルな言葉というのは大事なのだが、どうしても文章に“自分”というものが滲みでてきてしまうのは問題である。無論検索からの来客者は書き手の個人性などにまるで興味はないし、ただ必要な情報さえ手にはいればいい。さらには、書きたいことに限って個人的な他人は興味を持たないものばかりで、何を書いていいか困ってしまう。ただの日記ならいくらでも書けるかもしれない。が、他人は思っている以上に自分の話なんて興味はない。僕自身、欲の解放としてブログを使用したかったのに、それが現実と同じものだと気づいてしまい反吐が出そうになった。正論は通用しないし、掘り下げるほどネットというのは現実的な場なのである。適当に書くことは許されていても、書くことに意味を持たせてしまう以上、自分で許容できなくなるのだ。誰にこういうことを書くなと言われているわけではないが、人に見られるというのは難しいものだ。

 

まとめ

 

だらだらと書いてしまったが、以上のことを集約すると考えすぎで終了!

 

考えすぎないのも難しいね。ブログってこんなに大変だったっけ。

 

それでもなぜブログを書くかと問われれば、そわそわしてくるから。書く理由なんてそんなもんじゃない?

 

ほんじゃーね